フォト

最近のコメント

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Moegiのブログ・リンク集

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

ひとり唄-235-

235

 

痛む夜
あなたからの返信
冷えて私を拒絶する
その文字が
木枯らしに吹かれて
痛みにしみる
どうか一言
慰めて
慰めて

 

 

            (Poetry;2012.12.08.02:45)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-234-

234

 

あなたが胸に
沈めていることはなんだ
言葉を飲んで
私の声を奪って
本当は叫びたいことは

痛いの痛いの
とんでいけ

今日もひとり
唱えている

 

 

            (Poetry;2012.12.04.13:28)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-233-

233

 

行方も知れない
過ぎたひとの
生存を
ふいに知った夜
「ああ、生きていた」
と言って泣いた
生きて、
いたんだ

 

 

            (Poetry;2012.11.21.00:30)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-232-

232

 

その恐怖は
壁のほんのシミほどの
蜘蛛さながらに
気配なく見張る
瞬時に
絡めとり
息も出来ず
支配される

あなたも
私も

 

 

            (Poetry;2012.11.14.01:52)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-231-

231

 

悲しい歌が
昔から好きな私に
突然
恋のように
出逢う哀愁の女歌
古い歌声に
添い寝される夕べ

 

 

            (Poetry;2012.11.02.02:35/Photo;2012.09.18.葛西臨海水族園)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

2012年12月 1日 (土)

ひとり唄-230-

230

 

冬の夜道の淋しさは
夏の夕暮れの
淋しさと
違う色をして
ぬくもりから
はぐれた私を
ひっそり嗤う

 

 

            (Poetry;2012.10.30.18:04/Photo;2012.11.27)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-229-

229

 

些末に何か
助けようと
していたら

優しい声で
コートのめくれを
おばあさんが教えてくれた

街が怖かった私に
ほんの少し
今年の秋風は
温かい

 

 

            (Poetry;2012.10.26.00:54)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

ひとり唄-228-

228

 

きっと長い間には
傷つけ合う日も
そして知ることもあるのだろう

会えない日々も
再び結ぶ日も

私よ
愛し
待てよ

 

 

            (Poetry;2012.10.25.12:58)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »