フォト

最近のコメント

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

Moegiのブログ・リンク集

« ひとり唄-167- | トップページ | ひとり唄-169- »

2012年8月 5日 (日)

ひとり唄-168-

168

 

闇夜に辛抱できなくなるのは
涙が化けて
体に祟って
からだの奥から
背後から
呼んでも助けも呼べず
喉の奥から幾重にも
重い闇のような痛みが
まとわりついて

「よくなれよくなれ」と
撫でる手のひら一個あれば
やわらぐのに

何にもないから
今夜も
冷たく深い井戸の底にじっといる

 

 

            (Poetry;2012.06.30.20:42)

 

◎ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックいただけると励みになります↓

にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村

« ひとり唄-167- | トップページ | ひとり唄-169- »

人生」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577659/55353045

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり唄-168-:

« ひとり唄-167- | トップページ | ひとり唄-169- »